あぶったトングで…日本郵政社員“凄惨リンチ”の一部始終

公開日:

「ミスばかりしよって、おまえなんか辞めてまえ! 死んでまえ!」

 被害に遭った20代の男性社員Aさんは誤配達をしたり、ミスをするたびに所属先の集配営業部のミーティングで2人にこう罵られていたという。

 焼き肉店のガスコンロで炙った金属製のトングを後輩の首筋に押し付けたとして、日本郵便社員の福井英輝(42=大阪市生野区)と同契約社員の高岡成明(52=同市平野区)両容疑者が7月30日、傷害の疑いで大阪府警東署に逮捕された。

 3月2日、大阪・天王寺郵便局の職場仲間約20人が同市中央区谷町の焼き肉店を貸し切り、慰労会を開いた。宴会は午後7時半からスタートし、Aさんが店に姿を現したのは午後10時ごろ。遅れてきたAさんは店に入るなり、「また失敗したんか」とネチネチ言われた。

「Aさんが仕事で遅くなったことから、2人はまたミスしたと思うたんやろ。店は30人入ればいっぱいになるほどの広さで、カウンターとテーブル席があって、Aさんは2人とは別のテーブル席に座った。食事を始めて30分ほどたったころ、Aさんが突然、『熱っ』と大声を上げた。驚いて後ろを振り返ると、トングを手に持った福井容疑者が立っとった。Aさんが『何するんですか』『やめて下さいよ』と言うたら、福井容疑者は『熱かったか』とニヤリとして、悪びれる様子もなかったそうや」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る