同日に各地で遺体…元刑事が語る「事件と気温」の因果関係

公開日:

「災害級の猛暑」が沈静化し、やや涼しい風が吹いた11日、各地で3人の死体が発見された。

 この日の午前8時20分ごろ、滋賀県草津市の農業用排水路で人間の胴体と下半身がバラバラの状態で見つかった。滋賀県警は遺体が50~70歳の男性で死後1週間以内と発表した。

 この遺体の発見から15分後の午前8時35分、兵庫県加古川市の権現ダムで衣装ケースに入った遺体が発見された。遺体はケースから片足が出た格好で水面に浮いていた。重りがつけられていたことから、いったん沈められ、浮き上がった可能性もある。被害者は大阪市内の20代の女性で、死後数日と報じられた。さらに同日午後4時20分ごろ、新潟県十日町でも事件が発覚。市内の林道で一部が白骨化した遺体が発見されたのだ。遺体は20代の女性とみられている。数カ所に刺し傷があり、背中に刃物が刺さっていた。新潟県警は今月初めごろに死亡したとみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る