• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

同日に各地で遺体…元刑事が語る「事件と気温」の因果関係

「災害級の猛暑」が沈静化し、やや涼しい風が吹いた11日、各地で3人の死体が発見された。

 この日の午前8時20分ごろ、滋賀県草津市の農業用排水路で人間の胴体と下半身がバラバラの状態で見つかった。滋賀県警は遺体が50~70歳の男性で死後1週間以内と発表した。

 この遺体の発見から15分後の午前8時35分、兵庫県加古川市の権現ダムで衣装ケースに入った遺体が発見された。遺体はケースから片足が出た格好で水面に浮いていた。重りがつけられていたことから、いったん沈められ、浮き上がった可能性もある。被害者は大阪市内の20代の女性で、死後数日と報じられた。さらに同日午後4時20分ごろ、新潟県十日町でも事件が発覚。市内の林道で一部が白骨化した遺体が発見されたのだ。遺体は20代の女性とみられている。数カ所に刺し傷があり、背中に刃物が刺さっていた。新潟県警は今月初めごろに死亡したとみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る