三重・鈴鹿20歳年下夫殺し 実の母親も「グル」の一部始終

公開日:

 実の母親も「グル」だった。今年5月、三重県鈴鹿市の民家駐車場に止められていた軽ワゴン車内で、住人で解体作業員の横山麗輝さん(当時25)の遺体が見つかった事件。同県警は15日、殺人の疑いで妻の富士子(46)と交際相手の上山真生(29)両容疑者を再逮捕した。また殺害前に自宅で麗輝さんを襲ったとして、2人に加え、富士子の実母、横山愛子容疑者(69)を殺人未遂の疑いで逮捕した。

 麗輝さんの遺体が車内から発見された後、県警が自宅を現場検証したところ、1階の床から少量の血痕が見つかった。付近には家財道具が散乱し、争ったような形跡が確認された。そのため、当初は自宅で殺され、運ばれたとみられていた。その後の調べで麗輝さんは富士子容疑者がママを務めるスナックで睡眠薬を飲まされ、昏睡状態のまま首を絞められ、殺されたことが判明。県警は他に事件に関与した者がいるとみて捜査を進めていたが、その人物こそが今回逮捕された、母親の愛子容疑者だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る