地主の家柄で妻子持ち…古河市ストーカー係長の意外な評判

公開日:

 本人を知る関係者は一様に「信じられない」と言うのだが……。

 一方的に好意を寄せていた知人女性宅に、不動産物件の資料などを送りつけたストーカー規正法違反容疑などで、茨城・古河市観光物産課係長の亀田明彦容疑者(47=同市)が16日、同県警に逮捕された。

 亀田容疑者は4月下旬、自宅のパソコンで、不動産会社の資料請求サイトに県内に住む20代女性の住所や氏名を入力し、分譲マンションの資料を送付させた。

「亀田容疑者は妻子がいるにもかかわらず、昨年、この女性に交際を申し込んでフラれた。その腹いせに、今年初めごろから、そうした嫌がらせを始めたようです。その後、旅行、化粧品、自動車など、心当たりのない資料がたびたび送られてくることを不審に思った女性が警察に相談。送信元の捜査から亀田容疑者が浮上しました。現在、調べを進めていますが、無言電話やつきまといなどは、やっていないようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る