バスケ日本代表もハマった ジャカルタ性風俗の評判と実態

公開日:

 アジア大会に出場したバスケットボール選手4人の買春が発覚した。4人は17日未明、公式ウエアを着たままジャカルタ市内の歓楽街「ブロックM」の路上で現地の女性に声を掛けられ、ホテルで事に及んだという。

 東南アジアの売春ではタイやフィリピンが有名だが、ジャカルタの評判はどうなのか。

「マレー系だから、女性は肌が黒く、それほど人気はありません」とは旅行ライターの五嶋幸一氏だ。イスラム教の国だから、女性は性的なサービス精神が低い。現地の男性が対象の売春宿だと3000円程度でセックスできるが、美人は期待できないという。

「ただし、外国人向けのエスコートクラブに所属している売春婦は英語ペラペラで身なりもおしゃれ。日本人がホテルにチェックインすると、現地の業者からカタコトの日本語で『女の子いかがですか?』と売り込み電話がかかってきます。旧宗主国オランダの血が入っている女性は特に顔立ちが整っていますが、セックス代は5万~6万円と高め。彼女たちは、主に白人や日本人のビジネスマンを相手にします」(五嶋幸一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る