バスケ日本代表もハマった ジャカルタ性風俗の評判と実態

公開日:

 アジア大会に出場したバスケットボール選手4人の買春が発覚した。4人は17日未明、公式ウエアを着たままジャカルタ市内の歓楽街「ブロックM」の路上で現地の女性に声を掛けられ、ホテルで事に及んだという。

 東南アジアの売春ではタイやフィリピンが有名だが、ジャカルタの評判はどうなのか。

「マレー系だから、女性は肌が黒く、それほど人気はありません」とは旅行ライターの五嶋幸一氏だ。イスラム教の国だから、女性は性的なサービス精神が低い。現地の男性が対象の売春宿だと3000円程度でセックスできるが、美人は期待できないという。

「ただし、外国人向けのエスコートクラブに所属している売春婦は英語ペラペラで身なりもおしゃれ。日本人がホテルにチェックインすると、現地の業者からカタコトの日本語で『女の子いかがですか?』と売り込み電話がかかってきます。旧宗主国オランダの血が入っている女性は特に顔立ちが整っていますが、セックス代は5万~6万円と高め。彼女たちは、主に白人や日本人のビジネスマンを相手にします」(五嶋幸一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る