• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バスケ日本代表もハマった ジャカルタ性風俗の評判と実態

 アジア大会に出場したバスケットボール選手4人の買春が発覚した。4人は17日未明、公式ウエアを着たままジャカルタ市内の歓楽街「ブロックM」の路上で現地の女性に声を掛けられ、ホテルで事に及んだという。

 東南アジアの売春ではタイやフィリピンが有名だが、ジャカルタの評判はどうなのか。

「マレー系だから、女性は肌が黒く、それほど人気はありません」とは旅行ライターの五嶋幸一氏だ。イスラム教の国だから、女性は性的なサービス精神が低い。現地の男性が対象の売春宿だと3000円程度でセックスできるが、美人は期待できないという。

「ただし、外国人向けのエスコートクラブに所属している売春婦は英語ペラペラで身なりもおしゃれ。日本人がホテルにチェックインすると、現地の業者からカタコトの日本語で『女の子いかがですか?』と売り込み電話がかかってきます。旧宗主国オランダの血が入っている女性は特に顔立ちが整っていますが、セックス代は5万~6万円と高め。彼女たちは、主に白人や日本人のビジネスマンを相手にします」(五嶋幸一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る