• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6月に脱走画策か 大阪・富田林署「逃走犯」の周到な計画性

 入念に「逃走計画」を練っていたようだ。

 発生から21日で9日が経ったが、大阪府警富田林署から逃走した樋田淳也容疑者(30)の足取りは依然、不明のまま。府警は樋田を加重逃走容疑で全国に指名手配し、3000人態勢で捜査を続けている。

 樋田容疑者は複数の罪で服役し、今年4月に刑務所から出所したばかり。直後から連続ひったくり事件を起こし、5月25日、窃盗事件で使用した盗難バイクを大阪府松原市の実家近くのガレージに隠したとして、盗品等保管容疑で逮捕。その後、強制性交や強盗、住居不法侵入の疑いで3回再逮捕され2カ月半にわたって同署に勾留されていた。

「6月、留置場でメシを食った後、担当署員に『何か硬いものが入っとって、それを食べてもうた』と申し出て、『腹が痛い』と訴えたそうや。病院に診療護送してレントゲンを撮ったんやが、何も写ってへんかった。いったん署に戻り、翌日、もういっぺん専門医が診察したんやけど、異常は見られへんかった。外に出ることで、逃走経路などを確認する狙いがあったんかもしらん。2カ月半もおったら、どっから逃げるのが一番バレにくいか、何となくわかるしな」(捜査事情通) 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る