今市事件被告の母親「バイトの面接はすべて落ちてしまう」

公開日:

「無罪になる証拠がこんなにあるのに」

 ひとたび犯人として逮捕されたことのレッテルが、本人ばかりでなく、周りの親族たちを苦しめている。

 そもそも、この事件がなぜ冤罪だと私が確信するのか。まずは、勝又被告の自白を裏付ける証拠がまったくないという点だ。検察は、殺害現場を茨城県常陸大宮市の山林と特定した上で、勝又被告を起訴している。ところが、東京高裁において、殺害場所を「栃木県か茨城県内のその周辺」と、極めて曖昧な場所に訴因変更している。

 さらに、被害者の体からは勝又被告のDNAは検出されていないが、被害者の頭に貼りついていた粘着テープからは、第三者のDNAが検出されている。そのDNAが意味することは、真犯人の存在ではないか。ここまで無実の証拠があるのに、なぜ検察は勝又被告が犯人だと固執し、裁判官は無期懲役の判決を下せるのか。

 勝又被告の母親は、昼食を取りながら話し続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る