今市事件被告の母親「バイトの面接はすべて落ちてしまう」

公開日:

 入店当初、周りの席は埋まっていなかったが、昼時でしかも夏休みということもあり、親子連れが周りのテーブルで昼食を楽しんでいる。

 そうした空気の中、母親は切々と訴え続けた。

「何でこんなに無罪になる証拠があるのに、有罪になるんですか? 日本はしっかりとした国なんじゃないんですか」

 返す言葉もなくうなずいていると、彼女は続けた。

「私と拓哉が外国人(台湾出身、09年に日本国籍を取得)だからだというのが理由なんじゃないですか。何年か前に無罪になったゴビンダさんだって、外国人だったでしょ」

 東電OL殺害事件の容疑者として逮捕され、無実が証明されたネパール人のゴビンダさんを例に挙げた。彼も別件逮捕によって勾留され、取り調べの中で犯人に仕立て上げられている。

 =この項つづく

(ルポライター・八木澤高明)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る