今度は殺人未遂…女子高生コンクリ殺人事件“元少年”の凶悪

公開日:

 友人は車を降り、男とモミ合いとなった。男は3段伸縮式の全長41センチの警棒を持ち出し、止めに入ったAさんに殴り掛かってきた。近隣に住む目撃者はこう話す。

「『テメー、この野郎、ブッ殺すぞ!!』と、怒声が聞こえたので恐る恐る家の中からのぞいてみると、男2人が倒れながらお互いに取っ組み合いになっていた。Aさんがなんとか2人を引き離し、車に戻り、その場から離れようとしたまさにその時、わずかに開いていた車の窓の隙間から、男が手を入れ、取り出したナイフでAさんの首をグサッと刺したように見えた。Aさんは血まみれでした」

 Aさんは地面に血を滴らせながら携帯で通報。パトカー数台と救急車が到着したが、男は自宅に立てこもり、1時間近く出て来なかった。静かな住宅街は騒然となり、男は署に連行された。その時も「ニヤニヤしていて不気味だった」と近隣住民は話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る