• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メディアは過熱報道 大阪逃走犯「女装説はガセ」の指摘も

「女装して逃走? そんなん聞いてへんで。知らん、知らん。ホンマ、マスコミは怖いわ」

 大阪府警の捜査関係者は、困惑気味にこう否定した。

 樋田淳也容疑者(30)が同府警富田林署から逃走して、24日で12日目を迎えた。府警は連日3000人態勢で、実家近くの松原市内の空き家やガレージを重点的に捜索。駅や繁華街では、顔つきや身体的特徴から割り出す「見当たり捜査」を行っている。

 一部メディアは、樋田容疑者が普段から女装や化粧をして友人に会っていたことを捜査員が把握しているとして、女装で逃走している可能性があると報じた。

「21日に、樋田容疑者の左耳に4、5個、右耳に1個、ピアスの穴が開いとるって言うたからか知らんけど、ほんまよう考えるわ。ピアスの穴に関しては、時間が経ったら穴が閉まってまうから、分かりづらいやろ。足のウサギの絵柄の入れ墨の方が見分けがつきやすいから、先にそっちを公表した。ひったくりにおうた被害者のカバンに口紅が入っとるから化粧しとるかもって、推測にしか過ぎんやろ。背が小さい(163センチ)いうても、女装なんかしたら逆に目立つやろ。女モノの服は手に入れられても、カツラはどないするんや。そんなんなかなか落ちてへんで」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る