政務活動費1200万円チョロまかし 元埼玉県議の素性と悪評

公開日:

「出世街道」をひた走っていたはずなのに、やることがセコ過ぎる。

 領収書を偽造し、政務活動費約1200万円をダマし取ったとして、元自民党埼玉県議の沢田力容疑者(50)が24日、詐欺などの疑いで、埼玉県警に書類送検された。

 沢田元議員は2011~15年度、PR誌「つとむ新聞」を発行するにあたり、さいたま市内のPR会社や、東京都内のメディア制作会社から手に入れた白紙の領収書に、自分で金額や氏名を書き込む手口で、政務活動費の返還を不正に免れた疑い。

 領収書の筆跡が「つとむ新聞」に掲載された本人のものと酷似していたことから疑惑が発覚。昨年7月、狭山市民オンブズマンから告発されていた。

「沢田氏は県議団の聞き取り調査に対し、約1200万円のうち約545万円に関しては不正を認め、返還しています。しかし、すでに県議団を除名され、辞職しているので、残額についてはウヤムヤで返還されていません。今回の書類送検で全貌が明らかになると思います」(狭山市民オンブズマン・田中寿夫代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る