• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

政務活動費1200万円チョロまかし 元埼玉県議の素性と悪評

 政務活動費は調査研究や広報活動を目的として、議員報酬とは別に県議1人当たり月50万円×12カ月=年間600万円が会派ごとに支給される。不正受給といえば、“カラ出張”で913万円をダマし取り、詐欺罪で懲役3年(執行猶予4年)の判決を受けた兵庫県の“号泣”元県議が記憶に新しい。

「今回の沢田元議員の他にも、首をかしげたくなる収支報告をしている議員は多い」と田中代表は指摘する。

■三菱商事出身のエリートだった

 1200万円を“ネコババ”していた沢田元議員とはどんな人物なのか。本人のHPによれば、経歴はピカピカだ。

 早大雄弁会出身で、同大政治経済学部卒業。同大大学院を修了し、「大隈賞(最優秀論文賞)」を受賞。卒業後は、三菱商事に8年間勤務し、98年、大宮市議の補選当選を皮切りに、さいたま市議3期を務めた後、県議に転じ2期目だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る