• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今市事件被告の母親「懸賞金を受け取った義父が情報提供」

 2005年12月、日光市(旧今市市)の小学1年生、吉田有希ちゃん(当時7)が殺害された事件で、殺人罪に問われた勝又拓哉被告(36)は、控訴審判決でも無期懲役が言い渡された。息子の無罪を信じる母親の元を訪れた。

 勝又被告の母親は、病気の治療のため、栃木県内に暮らしながら、親族や知人の家を行き来し生活している。

「まったく心当たりなんてなかったですよ。拓哉が逮捕された時、私も一緒に逮捕されているんですけど、2人ともに偽ブランド品を売ったという罪です。家宅捜索の時に偽ブランド品ばかりでなく、拓哉がダビングしていたビデオや趣味のナイフだとかを押収したから、何でかと思ったんですけどね」

 彼女の証言には非常に重要な意味が含まれている。勝又被告は女児の殺人罪ではなく、偽ブランド品の販売、商標法違反という罪状で逮捕されたのだった。いわゆる別件逮捕であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る