今市事件被告の母親「懸賞金を受け取った義父が情報提供」

公開日:

 2005年12月、日光市(旧今市市)の小学1年生、吉田有希ちゃん(当時7)が殺害された事件で、殺人罪に問われた勝又拓哉被告(36)は、控訴審判決でも無期懲役が言い渡された。息子の無罪を信じる母親の元を訪れた。

 勝又被告の母親は、病気の治療のため、栃木県内に暮らしながら、親族や知人の家を行き来し生活している。

「まったく心当たりなんてなかったですよ。拓哉が逮捕された時、私も一緒に逮捕されているんですけど、2人ともに偽ブランド品を売ったという罪です。家宅捜索の時に偽ブランド品ばかりでなく、拓哉がダビングしていたビデオや趣味のナイフだとかを押収したから、何でかと思ったんですけどね」

 彼女の証言には非常に重要な意味が含まれている。勝又被告は女児の殺人罪ではなく、偽ブランド品の販売、商標法違反という罪状で逮捕されたのだった。いわゆる別件逮捕であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る