100万円の指輪を盗み逮捕…国際窃盗団ピンクパンダの手口

公開日:

 展示販売会には国内外450社の出展し、1万7000人のバイヤーが参加。入場するには事前登録が必要だが、何容疑者は本名で登録していた。

「何容疑者が指輪を外して手で握った際、指の間から指輪のタグが出ていたそうです。警察官はそれを見逃さなかった。会場の外で呼び止めたのは、騒ぎになって場内が混乱するのを避けるため。エメラルドは3カラットで、周りには小さなダイヤモンドが散りばめられています。何容疑者はニセモノとすり替えたりせず、盗んですぐに立ち去った。結構お客さんがいたからなのか、店員は盗まれたことに気づかなかったそうです」(捜査事情通)

 何容疑者は、事件の3日前に香港から入国したばかりで、仲間と一緒に入国した可能性があるという。

■数日前に入国し犯行後はすぐ出国


 ピンクパンダは欧州を拠点にする、高額な宝石や貴金属ばかりを狙う国際的な窃盗団で、同じ国際窃盗団の「ピンクパンサー」と、中国のパンダを引っかけたもの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る