パトカー追跡で死亡 “逃走犯似”の高校生は似ていなかった

公開日:

「逃走中の容疑者に似ている」との通報で、パトカーに追跡された男子高校生(17)が転倒して死亡した事件は、なんとも痛ましい。

 30日午後8時半、通行人から「富田林署から逃走した樋田淳也容疑者(30)に似た黒いバイクの男がいる」との110番通報が大阪府警港署にあった。約1時間後、出動したパトカーが港区の路上で通報内容と似たバイクを発見し、停止を求めるとバイクはUターンして逃走した。暗くて顔は確認できなかったが「樋田容疑者ではないか」と追跡を開始。バイクは、一方通行の逆走や信号無視をしながら、法定速度を大幅に超える速度で逃走した。約1・6キロ先の西区の市道でバス停に衝突して転倒し、その後、病院で死亡した。高校生は無免許で、バイクは盗難車だった。

 港署は、本紙の取材に「逃走した樋田容疑者との通報を受けて、追跡はしましたが、逃走犯でなくても、なんぼでもやっている通常の追跡ですよ」と答えたが、警察の大失態で逃走した樋田容疑者だと、色めき立ったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る