パトカー追跡で死亡 “逃走犯似”の高校生は似ていなかった

公開日:

 一方、執拗に追いかけられた高校生は命を落とすハメになった。港署の新谷欣尚副署長は「追跡は適正だった。亡くなったことは残念」とのコメントを出したが、追跡のきっかけは見間違い。民事上の責任は生じないのか。中川亮弁護士に聞いた。

「警察の対応は、手続き的に強引な職務質問や、通常行っていないようなむちゃな追跡方法はうかがえません。また、高校生は、逆走、信号無視、猛スピードなど自ら危険を犯しています。警察の追跡行為と死亡との因果関係を証明するのも難しい。犯人と間違えて、警察が射殺したのとはわけが違います。警察に民事上の責任を問うのは困難だと思われます」

 高校生は樋田容疑者に似ていたのか――。

「特徴は一致せず、似ていませんでした」(港署)

 ご冥福を祈るばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る