保育園児に強制わいせつ…43歳“ロリコン男”の余罪は10件超

公開日:

 池谷容疑者は調べに対し、「衝動を抑えることができなかった。3年前から10件ほどやった」と供述してるという。

「池谷容疑者には性犯罪の逮捕歴こそありませんが、2014年に札幌市内で小3の女児2人が、自転車に乗った男から『小学校への道を教えてほしい』と尋ねられ、マンションの階段で体を触られた事件があった。当時、池谷容疑者は札幌に住んでいて、似たような手口から、この事件にも関与しているとみられています」(前出の捜査事情通)

 池谷容疑者は、勤務していた会社のHPの社員紹介(すでに削除)でこんなことを話していた。

「私は北海道札幌市出身なので、東京に出てくる前は色々不安な気持ちがありました。やはり、知らない土地で単身で上手くやっていけるのか。今では何の不安もなく楽しく毎日を過ごしています。私が入社するきっかけだったのは、北海道の賃金の安さでした。今は納得できる賃金を頂けて、福利厚生もしっかりしているので、今では全く不満がありません。社員の年齢層も幅が広く、自分と同年代の人も居たので上手く馴染む事が出来ました。住む所も、自分の希望に合った寮を用意して頂いてプライベートも本当に充実しています」(原文ママ)

 自らの欲を満たすために「ネコ」をダシにして次々と女児をだまし、わいせつ行為に及ぶとは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る