保育園児に強制わいせつ…43歳“ロリコン男”の余罪は10件超

公開日:

 池谷容疑者は調べに対し、「衝動を抑えることができなかった。3年前から10件ほどやった」と供述してるという。

「池谷容疑者には性犯罪の逮捕歴こそありませんが、2014年に札幌市内で小3の女児2人が、自転車に乗った男から『小学校への道を教えてほしい』と尋ねられ、マンションの階段で体を触られた事件があった。当時、池谷容疑者は札幌に住んでいて、似たような手口から、この事件にも関与しているとみられています」(前出の捜査事情通)

 池谷容疑者は、勤務していた会社のHPの社員紹介(すでに削除)でこんなことを話していた。

「私は北海道札幌市出身なので、東京に出てくる前は色々不安な気持ちがありました。やはり、知らない土地で単身で上手くやっていけるのか。今では何の不安もなく楽しく毎日を過ごしています。私が入社するきっかけだったのは、北海道の賃金の安さでした。今は納得できる賃金を頂けて、福利厚生もしっかりしているので、今では全く不満がありません。社員の年齢層も幅が広く、自分と同年代の人も居たので上手く馴染む事が出来ました。住む所も、自分の希望に合った寮を用意して頂いてプライベートも本当に充実しています」(原文ママ)

 自らの欲を満たすために「ネコ」をダシにして次々と女児をだまし、わいせつ行為に及ぶとは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る