特定失踪者家族の藤田隆司さん「父は長年兄を恨んでいた」

公開日:  更新日:

 北朝鮮からの脱北者が2004年の夏に持ち出した一枚の写真。鑑定すると1976年に行方不明になった藤田進さん(当時19)だった。弟の隆司さんは埼玉県警に告発状を提出、自身で調査を始めた。現在、「特定失踪者家族会」の副会長として活動を続ける。

「1つ年上の兄貴が突然いなくなったのは、俺が高校3年の2月。大学受験の真っ最中でした。結局、受験に集中できなくなり1浪して、学費を稼ぎながら夜学へ通い、建築関係の仕事に就いたのですが、なるべく兄貴のことは忘れようとしました」

 父は鋳物工場に勤務、母は中学2年の時に病死。男3人で、家事も分担する暮らしだった。

「勉強ができて、運動神経も体力も子供の頃から抜群だった兄貴とは、ほとんどケンカしたことはなかった。自分が負けますから。親父は『大学にも進学できるような良い環境を捨てやがって』と言っていましたね。『そんなに俺が嫌いだったのか』と、家出した兄貴を長年恨んでいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る