特定失踪者家族の藤田隆司さん「父は長年兄を恨んでいた」

公開日:  更新日:

 すでに4人の子供もいたが、父親としての時間を捨てて、兄のことに時間を割いた。しかし、ある日突然、勤務先の会社から〈明日から来なくていい。預けていた会社の鍵も返して〉と自己都合での退職を強要されたという。

「唖然としました。思い当たるのは、会社が厚生年金をやめることを批判したことだけ。あまりにも理不尽。残業代ももらってないのに。こうやって使い捨てになるんだなと思いましたね」

 労働基準監督署に訴え、会社都合として退職。しかし、解雇に伴う一連の騒動と拉致問題運動で不規則な生活が続き、心身の健康がむしばまれていた。

「眠れない、食べられない。ものを食べても味がしない。父親として稼げなくなるし、地獄の日々でした」

 心療内科に通院しても1回5000円の薬代が重くのしかかる。きちんと薬を飲んでも一向に良くなる気配すらなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る