• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本女性を“食い物”に…ブラジル人操縦士の卑劣手口と経歴

「同社は全日空グループのアジア・リゾートを運行する旅客便と、那覇空港を中心にアジアを飛ぶ貨物便があり、就航路線はすべて国際線です。ポルトガル語が母国語の彼は、社内でもフライト中も、すべて英語で会話をしていました」(同社関係者)

 出身地のポルト・アレグレはブラジルの南部に位置し、「陽気な港」という意味の同国を代表する港町。人口は国内10番目の約148万人。金沢市の姉妹都市で、ヨーロッパからの移民が多い。

「ロナウジーニョをはじめ、数多くのサッカー・ブラジル代表選手の出身地として知られ、サッカーチームも2つある。両チームの対戦は『ポルト・アレグレダービー』と呼ばれ、盛り上がります。リオ・グランデ・ド・スル連邦大学は1934年創立のブラジルでも5本の指に入る名門で、史上初の女性大統領を含め、何人もの大統領を輩出している。卒業生は各界で活躍しています」(地元に詳しい関係者)

 そんなリッパな大学を卒業しながら、地下鉄の行き先が分からないフリをして女性に近づき、あの手この手を使って自宅に連れ込み……どんな国にも下劣な勘違い野郎はいるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る