• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高速を175キロで暴走 新潟県警23歳女性警官の呆れた言い訳

「模範警察官」失格だ。

 高速道路の法定速度100キロの区間を175キロで走行したとして、新潟県警の地域課に勤務する女性警官(23=巡査)が3日、道路交通法違反(速度超過)の疑いで同県警に書類送検され、戒告処分となった。

 女性警官は7月4日、午前9時集合の県警本部の研修会に参加するため、20代の同僚女性2人と勤務先の警察署で朝7時に待ち合わせをした。署の公用車(国産セダン)で一緒に本部に向かう予定だったが、女性警官が寝坊し、30分遅れの午前7時30分に到着。当初は同僚女性が車を運転することになっていたが、責任を感じた女性警官は「私が運転する」と言い出し、ハンドルを握った。居合わせた宿直署員が「連絡すれば多少遅れても大丈夫だよ」と声を掛けたが、女性警官は聞く耳を持たず、慌てて署を出発した。

「3人が向かった研修会は『リクルーター』の任命式とその研修です。リクルーターとは警察官志望の学生に、模範警察官として仕事内容や魅力をアピールする業務。対象は入署4~5年の若手で、明るくて説明上手な警察官に担当してもらっています」(県警関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る