高速を175キロで暴走 新潟県警23歳女性警官の呆れた言い訳

公開日:

「模範警察官」失格だ。

 高速道路の法定速度100キロの区間を175キロで走行したとして、新潟県警の地域課に勤務する女性警官(23=巡査)が3日、道路交通法違反(速度超過)の疑いで同県警に書類送検され、戒告処分となった。

 女性警官は7月4日、午前9時集合の県警本部の研修会に参加するため、20代の同僚女性2人と勤務先の警察署で朝7時に待ち合わせをした。署の公用車(国産セダン)で一緒に本部に向かう予定だったが、女性警官が寝坊し、30分遅れの午前7時30分に到着。当初は同僚女性が車を運転することになっていたが、責任を感じた女性警官は「私が運転する」と言い出し、ハンドルを握った。居合わせた宿直署員が「連絡すれば多少遅れても大丈夫だよ」と声を掛けたが、女性警官は聞く耳を持たず、慌てて署を出発した。

「3人が向かった研修会は『リクルーター』の任命式とその研修です。リクルーターとは警察官志望の学生に、模範警察官として仕事内容や魅力をアピールする業務。対象は入署4~5年の若手で、明るくて説明上手な警察官に担当してもらっています」(県警関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る