高速を175キロで暴走 新潟県警23歳女性警官の呆れた言い訳

公開日:

「模範警察官」失格だ。

 高速道路の法定速度100キロの区間を175キロで走行したとして、新潟県警の地域課に勤務する女性警官(23=巡査)が3日、道路交通法違反(速度超過)の疑いで同県警に書類送検され、戒告処分となった。

 女性警官は7月4日、午前9時集合の県警本部の研修会に参加するため、20代の同僚女性2人と勤務先の警察署で朝7時に待ち合わせをした。署の公用車(国産セダン)で一緒に本部に向かう予定だったが、女性警官が寝坊し、30分遅れの午前7時30分に到着。当初は同僚女性が車を運転することになっていたが、責任を感じた女性警官は「私が運転する」と言い出し、ハンドルを握った。居合わせた宿直署員が「連絡すれば多少遅れても大丈夫だよ」と声を掛けたが、女性警官は聞く耳を持たず、慌てて署を出発した。

「3人が向かった研修会は『リクルーター』の任命式とその研修です。リクルーターとは警察官志望の学生に、模範警察官として仕事内容や魅力をアピールする業務。対象は入署4~5年の若手で、明るくて説明上手な警察官に担当してもらっています」(県警関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る