• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高速を175キロで暴走 新潟県警23歳女性警官の呆れた言い訳

 “看板女性警官”になったことがプレッシャーになったのか。女性警官は高速に入ると一気にアクセルを踏み込み、メーターはすぐに100キロを超えた。集合時間までにはまだ約1時間半あり、高速に乗れば何とか間に合うか、大幅に遅れるような距離ではなかったため、同僚が「『遅れる場合は連絡すればいい』って言われたし、危険なので急ぐ必要はない」と、3回忠告。女性警官は同僚の“制止”を無視し、アクセルを踏み続け、車はグングン加速。午前7時45分ごろ、自動速度取り締まり装置(オービス)がピカッと光った。結局、3人は集合時間に遅れることなく9時前には現地に到着したが、“現場”を押さえられた女性警官は上司に「オービスに撮られました」と報告した。

■「本人は猛省している」というが…

「女性警官に違反歴はなく、日頃の勤務態度にも問題がなかったので戒告処分にとどまった。本人は『研修会に遅れたくない一心で、スピードを出してしまった。申し訳ない』と猛省しています」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る