• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高速を175キロで暴走 新潟県警23歳女性警官の呆れた言い訳

 しかし、そんな「言い訳」が通じないことなど、本人たちが一番よく分かっているだろう。一般人はどんなささいな違反でも、どんな理由があろうとも、容赦なくキップを切られる。高速道路で75キロオーバーなら違反点数12点で免停90日、罰金5万~10万円。警察庁が発表した2012年の「速度違反取り締まり件数」222万1120件のうち、「50キロ以上超過」は2万4236件で全体のわずか1.09%しかない。速度超過は無免許運転、飲酒運転とともに「交通3悪」と呼ばれる重罪だ。善良な国民からすれば、取り締まる側に重大な違反を犯した自覚があるのか、はなはだ疑問だ。

 交通事故につながらなかったからいいようなものだが、本来なら速度超過の危険性を訴える立場の警察官が、「寝坊」と「研修会の遅刻」を言い訳に法を犯して高速道路をぶっ飛ばすとは、開いた口がふさがらない。「反省」するだけなら、猿の次郎でもできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る