益若つばさ所属 芸能事務所社長による脅迫事件の一部始終

公開日:

「この事件には伏線があった。村山容疑者は当初、現場にいたAさんの兄貴分のBさんとモメていたそうです。その様子を見ていたAさんは、村山容疑者に『うちの兄貴になんて口のきき方してるんだ』と注意した。村山容疑者は仲間内では酒グセが悪いことで有名で、翌日になって、とんでもないことをしたと反省し、Aさんにわびの電話を入れた。しかし、もはや後の祭りで、Aさんは一切電話に出てくれなかったそうです。しばらくしてAさんの弁護士から“条件”付きの申し入れがあり、頭を抱えたという話です」(2人の知人)

 実は被害者のAさんは、一筋縄でいくような人物ではなかった。

「Aさんは、人気アイドルグループの生みの親のひとりとして名を馳せた一方、反社会的勢力との付き合いを何度も週刊誌に報じられてきた。かつては、闇金や違法カジノで生計を立て、背中には竜とコイの入れ墨があり、“ラスベガスでカジノに興じていた”と書かれたこともあった」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る