• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大麻で逮捕の慶大生は幼稚舎上がりの超セレブな“問題児”

 今年1月には慶応大OBのラッパーが、今度はアーティスト気取りで調子に乗っていた現役生が大麻で捕まった。

 大麻取締法違反(営利目的所持)の疑いで、慶応大生の松澤伊知哉(22=住所不定)と、交際相手でカンボジア国籍の自称モデル、ウム・ダビン両容疑者(36=同)が5日、警視庁に逮捕された。

 2人は4日、東京都新宿区内のホテルで大麻片4点(袋込みで約53グラム、末端価格30万円相当)を営利目的で所持していた疑い。

「2人は2日からホテルに宿泊していて、ルームサービスで部屋に入った従業員が異臭がすることに気づき、警察に通報した。松澤容疑者は『私のものでも、彼女のものでもありません』、ダビン容疑者は『彼のものです』と、いずれも容疑を否認していますが、室内からは大麻販売に関する資料も押収されました」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る