芦屋セレブに憧れ…他人の住所で免許証を取得した女の素性

公開日:  更新日:

「芦屋のセレブになりたかった」

 調べに対し、女はこう供述しているという。

 関西の高級住宅街、兵庫県芦屋市に住んでいるように装い、運転免許証の再交付を受けたとして、自称和歌山在住のアパレル業、音楽業の女(29)が9日、免状等不実記載の疑いで同県警芦屋署に逮捕された。

 女は4月20日、神戸市中央区の神戸優良・高齢者運転免許更新センターで、申請書に芦屋市内の赤の他人の住所を勝手に記入して提出し、免許証の再交付を受けた。

「再交付の手続きは住民票がなくても、電気やガス、水道料金の請求書など、公的機関が発行する請求書があれば申請を受け付けてくれる。何を使って申請したんかは捜査中やが、再交付やから、裏面に新しい住所を書いてハンコを押したもんやなくて、表面にウソの住所が普通に記載されとった」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る