芦屋セレブに憧れ…他人の住所で免許証を取得した女の素性

公開日:  更新日:

 今年の春ごろから免許証に記載された住所に女宛ての手紙がたびたび届くようになり、“本当”の住民が不審に思っていた。そして逮捕の前日(8日)、見覚えのない女が家の前に立っていたので、住民が声をかけようとしたところ、女の方から「私宛ての郵便物が届いてませんでしょうか」と話しかけてきたため、「おまえか」となり、110番通報。

「免許証を見たらウソの住所になっとるし、『おまえ、住んでへんやろ、一体、誰や』いうことになった。もともとアパレル会社に勤めとったそうやけど、『副業のシンガーソングライターの仕事が忙しくなって辞めた』とか言うとった。ただ、芦屋いうても金持ちがぎょうさん住んでる六麓荘やなく、海に近い埋め立て地の住所なんや。女はいっぺんも芦屋に住んだことはなく、本人いわく『自分のイメージに合ったところにした。番地は適当に書きました』と言うとった。その話を信用するなら、たまたまその番地の家があったいうことや。遠目から見たらきれいな感じやし、服装やって『芦屋マダムです』っていわれたら、『そうなんや』いうくらい、品はええ方ちゃうかな。けど、やたらと話は飛ぶし、シンガーソングライターの件も含めてどこまでホンマで、どっからウソか分からへん。そもそも住所を偽っとったんやからな」(前出の捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る