• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芦屋セレブに憧れ…他人の住所で免許証を取得した女の素性

 今年の春ごろから免許証に記載された住所に女宛ての手紙がたびたび届くようになり、“本当”の住民が不審に思っていた。そして逮捕の前日(8日)、見覚えのない女が家の前に立っていたので、住民が声をかけようとしたところ、女の方から「私宛ての郵便物が届いてませんでしょうか」と話しかけてきたため、「おまえか」となり、110番通報。

「免許証を見たらウソの住所になっとるし、『おまえ、住んでへんやろ、一体、誰や』いうことになった。もともとアパレル会社に勤めとったそうやけど、『副業のシンガーソングライターの仕事が忙しくなって辞めた』とか言うとった。ただ、芦屋いうても金持ちがぎょうさん住んでる六麓荘やなく、海に近い埋め立て地の住所なんや。女はいっぺんも芦屋に住んだことはなく、本人いわく『自分のイメージに合ったところにした。番地は適当に書きました』と言うとった。その話を信用するなら、たまたまその番地の家があったいうことや。遠目から見たらきれいな感じやし、服装やって『芦屋マダムです』っていわれたら、『そうなんや』いうくらい、品はええ方ちゃうかな。けど、やたらと話は飛ぶし、シンガーソングライターの件も含めてどこまでホンマで、どっからウソか分からへん。そもそも住所を偽っとったんやからな」(前出の捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る