芦屋セレブに憧れ…他人の住所で免許証を取得した女の素性

公開日:  更新日:

 今年の春ごろから免許証に記載された住所に女宛ての手紙がたびたび届くようになり、“本当”の住民が不審に思っていた。そして逮捕の前日(8日)、見覚えのない女が家の前に立っていたので、住民が声をかけようとしたところ、女の方から「私宛ての郵便物が届いてませんでしょうか」と話しかけてきたため、「おまえか」となり、110番通報。

「免許証を見たらウソの住所になっとるし、『おまえ、住んでへんやろ、一体、誰や』いうことになった。もともとアパレル会社に勤めとったそうやけど、『副業のシンガーソングライターの仕事が忙しくなって辞めた』とか言うとった。ただ、芦屋いうても金持ちがぎょうさん住んでる六麓荘やなく、海に近い埋め立て地の住所なんや。女はいっぺんも芦屋に住んだことはなく、本人いわく『自分のイメージに合ったところにした。番地は適当に書きました』と言うとった。その話を信用するなら、たまたまその番地の家があったいうことや。遠目から見たらきれいな感じやし、服装やって『芦屋マダムです』っていわれたら、『そうなんや』いうくらい、品はええ方ちゃうかな。けど、やたらと話は飛ぶし、シンガーソングライターの件も含めてどこまでホンマで、どっからウソか分からへん。そもそも住所を偽っとったんやからな」(前出の捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る