• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芦屋セレブに憧れ…他人の住所で免許証を取得した女の素性

 女は「プライドと見えで、違う住所を書きました。芦屋を気に入り、セレブになりたかった」と話しているそうだ。

 近隣住民がこう言う。

「歌手やって? そんなん聞いたことないわ。(女は)独身で、幼い息子さんがおる。ご両親は数年前に離婚し、地元で嫁いだ妹さんと2人姉妹やわ。本人は大学を出てから上京し、夜の商売をしとったらしい。息子の父親とはうまくいかんかったみたい。おじいさんは元町長さんで、実家はリッパな家やで。今は、お父さんとおばあちゃんが2人で暮らしとる。(女は)たまに帰ってきてるけど、そういう仕事をしとったからか、派手目の雰囲気かな」

 女は“ウソの免許証”を悪用して他の犯罪を起こそうとしたわけではなく、ただ単に、芦屋で住民登録をするのが目的だったようだ。が、なぜ、そこまで面倒なことをする必要があったのか。普通に引っ越せば済む話なのに……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る