• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伊勢市女性記者行方不明<前編>事件には2度の転機があった

投稿日:

 平成も未解決事件は数多く発生した。1998年11月24日、三重県伊勢市の編集記者、辻出紀子さん(当時24)が失踪した事件もそうだ。20年経つが解決しそうな様子はない。両親に捜査の進捗を聞いた――。

「当時、警察は娘の失踪を事件だと思っていなくて、単なる行方不明だとみなしていました」

 初動の遅れについて話すのは、母親の辻出美千代さんである。

 紀子さんは事件当日、勤務先の出版社に出社していた。午後11時すぎに会社を出てある男に会った後、消息を絶った。最後まで会っていたという人物は、紀子さんがかつて取材した人物。警察はその人物を年が明けてからやっと任意同行で取り調べ、翌月に別件で逮捕した。

「弁護士がついてからというもの、男は黙秘するようになり、証言を変遷させたんです」(父親の泰晴さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る