伊勢市女性記者行方不明<前編>事件には2度の転機があった

公開日:

 警察は男を追い詰め切れなかった。別件が刑事裁判で無罪となり釈放されたため、結局、辻出さんの事件については立件すらできなかった。

 その後、事件は2度、節目があった。1つは2008年、産経新聞が「北朝鮮に拉致されているとの情報が中朝関係筋から政府に寄せられていた」と報道したことだ。そのころ特定失踪者問題調査会が、紀子さんを〈北朝鮮に拉致された可能性を排除できない行方不明者〉としてリストに記している。

「私たちはマスコミに聞かれるたびに『北朝鮮による可能性は200%ない』と答えています。調査会の人は『よど号の犯人にインタビューするため、北朝鮮の工作船に乗って訪朝した後、行方がわからなくなった』と言っていましたが、根拠がありませんよ」(泰晴さん)

 もう1つの節目は10年。〈重機を使って山中で当時不審な作業をしていた人物がいる〉という情報を受けた県警捜査1課が、尾鷲近郊の林道を大規模に掘り返したことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る