伊勢市女性記者行方不明<前編>事件には2度の転機があった

公開日:

 美千代さんは振り返る。

「あの時、確信があったから、そこまで大規模に掘ったのでしょう。『いろいろ考えていることがあります。もうちょっと待ってください』って言っておられました」(美千代さん)

 警察は紀子さんは殺害され、山中に埋められた――という線で捜査したが、何も出てこなかった。

「指揮をした警部さんは『どうして見つからんのや』って言って、悔し涙をこぼしておられました」(美千代さん)

 現在は?

「今でも時々、警察の方が訪ねてこられます。捜査が具体的に進展したとかそういった話は一切ありません」(美千代さん)

 とはいえ、最近のDNA鑑定の精度の高まりには期待している。


「20年前よりはDNA鑑定の技術がずっと進歩してるでしょ。だから今後、紀子以外のDNAが出てくるかも知れない」(泰晴さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る