伊勢市女性記者行方不明<前編>事件には2度の転機があった

公開日:

 美千代さんは振り返る。

「あの時、確信があったから、そこまで大規模に掘ったのでしょう。『いろいろ考えていることがあります。もうちょっと待ってください』って言っておられました」(美千代さん)

 警察は紀子さんは殺害され、山中に埋められた――という線で捜査したが、何も出てこなかった。

「指揮をした警部さんは『どうして見つからんのや』って言って、悔し涙をこぼしておられました」(美千代さん)

 現在は?

「今でも時々、警察の方が訪ねてこられます。捜査が具体的に進展したとかそういった話は一切ありません」(美千代さん)

 とはいえ、最近のDNA鑑定の精度の高まりには期待している。


「20年前よりはDNA鑑定の技術がずっと進歩してるでしょ。だから今後、紀子以外のDNAが出てくるかも知れない」(泰晴さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る