交際中の女子高生に壮絶DV…30歳フリーターの異常“粘着質”

公開日:  更新日:

 しかしカノジョになった途端、紙谷容疑者は異常なほどA子さんを束縛する“粘着ぶり”を発揮するように。

「A子さんも紙谷容疑者のことが好きやったから、最初は仲良うやっとったようなんやが、次第に『アレしたらアカン、コレしたらアカン』と、彼女が友達と買い物に行くことにも文句を言うようになった。メールもすぐに返信しないとキレとったみたいや。むっちゃ焼きもち焼きで、独占欲の強いヤツやで。言うても相手は10代や。学校もあるし、遊びたい盛りやろ? 女子高生にそんなに固執する三十男って普通やないで」(前出の捜査事情通)

 夏休みに入り、A子さんが神谷容疑者の家に入り浸るようになると、束縛と暴力もエスカレートしていった。A子さんからの110番通報をきっかけに最初の逮捕につながったが、その後の取り調べで次々と暴力の事実が明らかになり、3度目の逮捕となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る