大阪ミナミの半グレ集団リーダー「奄美の狂犬」逮捕の狙い

公開日:  更新日:

 大阪・ミナミの半グレ集団のリーダーが、「共謀して尻のできものの治療に健康保険証を不正使用」という容疑で逮捕されたのには、警察のある「狙い」があったようだ。

 元K―1格闘家で住所不定、無職の相良正幸(34)と東京都足立区の無職、林亮佑(25)両容疑者が、11日までに詐欺などの疑いで大阪府警捜査4課に逮捕された。

 2014年8月下旬のこと。林容疑者は格闘技大会が開催されていた沖縄県内の病院で、尻のできものを治療した。しかし健康保険証を持っていなかったため、相良容疑者の国民健康保険証を提示し、医療費1万6300円のうち、自己負担分を除く費用の支払いを免れたとされる。

 2人は鹿児島県奄美大島出身。かつては地下格闘技団体「強者」(解散)に所属し、元キックボクサーの相良容疑者は看板選手だった。相良容疑者は「拳月」のリングネームで「K―1」などの格闘技大会に出場し、「奄美の狂犬」と呼ばれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る