伊勢市女性記者行方不明<後編>し尿処理上の下を重機で

公開日: 更新日:

 三重県の女性記者、辻出紀子さん(当時24)が失踪して20年。娘が帰ってこない不安な日々を両親はどのような心境で過ごしてきたのか。
 
母親の美千代さんは「事件が起こった直後、娘のことを思って落ち込んだり、体の調子が悪くなるということはしょっちゅうでした」と振り返る。車を運転しているときに「踏切前で車を止めて、走ってくる電車に飛び込もうか」という考えが脳裏に浮かんだこともあったという。

 事件が起こって以降、娘の捜索が生活の中心になった。交友関係の広かった紀子さんの友達を訪ねて歩いたりした。

「霊能力者に助言されて県北の神社に捜しに行ったり、し尿処理場の下を重機で掘ってもらったりしたこともありました」(美千代さん)

 1999年7月に公開捜査となってからは、「新聞や雑誌の取材に答えたり、テレビの捜索番組に出演したり、必死でした」(父親の泰晴さん)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る