秋祭り会場で5歳児をヒザ蹴り…東大卒九大准教授の“悪評”

公開日:

 路上で男児(5)の腹部をヒザ蹴りした暴行容疑で、九州大経済学部准教授の宮澤健介容疑者(37=福岡市南区)が16日、福岡県警に逮捕された。

 宮澤容疑者は16日夜7時15分ごろ、福岡市の筥崎宮(はこざきぐう)で開催された秋祭り「放生会」の会場近くの路上で、家族で祭りに向かっていた男児の腹部をすれ違いざまに、腰を落としてヒザ蹴りした疑い。

 男児はうずくまり、その場から走って逃げた宮澤容疑者を男児の父親が100メートルほど追いかけて取り押さえた。

 父親が「警察を呼んで」と大声を上げ、居合わせた男性が110番通報したという。

「現場は宮澤容疑者の勤務先である九大の近くだったことから、仕事帰りだったようで、酒に酔っていたわけでもない。男児も騒ぎもせず、普通に歩いていただけだった。調べに対し『子供に気付かなかった。わざとではない』と容疑を否認していますが、目撃者もいます」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る