「耳をひきちぎんぞ」と陵辱 逃走から1時間でスピード逮捕

公開日:

 捜査員たちは凶悪なレイプ犯を逃さなかった。

「耳をひきちぎんぞ」

 兵庫県三田市の公園で女性(31)を脅し、レイプしたとして同市の土木作業員、迫水修容疑者(33)が25日、強制性交の疑いで兵庫県警三田署に逮捕された。

 迫水容疑者は20日夜、同市内の飲食店で酒を飲んだ後、最終電車に乗車。同じ車両に乗り合わせた好みの女性に目をつけ、「三田の〇〇いう店で飲んどって、今帰りやねんけど」と声を掛けた。女性が「私もそのお店知ってます」と応じると、酒のニオイをプンプンさせた迫水容疑者は調子に乗ってペラペラしゃべり続けた。しばらくして電車は女性が降りる駅へ到着。すると迫水容疑者は用事もないのに女性の後を追って降車した。

 自宅へ急ぐ女性に執拗につきまとう迫水容疑者。このままでは家がバレると思った女性は、わざと遠回りをしたり、反対方向へと歩いたりと、なんとか迫水容疑者を巻こうとした。歩き始めてすでに20分近くが経過していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る