三鷹・女子高生刺殺<前編>被告からの手紙から感じた矛盾

公開日: 更新日:

 一通の封筒が届いた。封を開けると、白い便箋にはきちょうめんな細かい文字が丁寧につづられていた。手紙の主は、2013年10月8日に、元交際相手の女子高生を殺害した池永チャールストーマス被告である。

 その筆跡を見ていると、殺人という血なまぐさい行為とは、どうしても結びつかない。すでに報じられているが、池永被告は日本人の父親とフィリピン人の母親との間に生まれた。彼はフェイスブックを通じて被害者と知り合った。

 フェイスブック上、池永被告は、立命館大学の学生で南米のハーフと自称していた。彼はフィリピン人のハーフであることは、どこにも記しておらず、むしろ隠していたような印象を受ける。

 事件発生からしばらくして、彼が暮らしていた京都を取材したが、中学、高校の同級生たちも、池永被告の顔立ちから、ハーフであることは知っていたが、どこの国とのハーフなのかは、知る者はいなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  4. 4

    れいわ新撰組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る