「聖徳太子」のニセ1万円札で逮捕…81歳無職男の“大ウソ”

公開日:

「知人からもらった。偽札とは分からなかった」と容疑を否認しているようだが、しらじらしいにも程がある。

 偽造された旧1万円札を使用した偽造通貨行使の疑いで、無職の斉藤誠容疑者(81=東京都台東区)が5日、警視庁に逮捕された。

 斉藤容疑者は9月3日、JR東京駅構内のコーヒー店とファストフード店で、それぞれ会計時に現行の“福沢諭吉”ではなく“聖徳太子”の偽1万円札で支払い、何食わぬ顔で9000円余りの釣り銭を受け取っていた。

 翌4日に両店が売上金を銀行に持ち込んだ際に偽札と判明。コーヒー店の常連客だった斉藤容疑者が浮上した。

「都内では8月以降、この2店も含めて同様の被害が19件、合わせて25万円出ており、警察はいずれも斉藤容疑者が関与したとみています。偽札はカラープリンターで作製されたものらしく、斉藤容疑者が逮捕時に着用していた4万円のスーツも偽1万円札で購入したようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る