「聖徳太子」のニセ1万円札で逮捕…81歳無職男の“大ウソ”

公開日:

「知人からもらった。偽札とは分からなかった」と容疑を否認しているようだが、しらじらしいにも程がある。

 偽造された旧1万円札を使用した偽造通貨行使の疑いで、無職の斉藤誠容疑者(81=東京都台東区)が5日、警視庁に逮捕された。

 斉藤容疑者は9月3日、JR東京駅構内のコーヒー店とファストフード店で、それぞれ会計時に現行の“福沢諭吉”ではなく“聖徳太子”の偽1万円札で支払い、何食わぬ顔で9000円余りの釣り銭を受け取っていた。

 翌4日に両店が売上金を銀行に持ち込んだ際に偽札と判明。コーヒー店の常連客だった斉藤容疑者が浮上した。

「都内では8月以降、この2店も含めて同様の被害が19件、合わせて25万円出ており、警察はいずれも斉藤容疑者が関与したとみています。偽札はカラープリンターで作製されたものらしく、斉藤容疑者が逮捕時に着用していた4万円のスーツも偽1万円札で購入したようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る