盗撮痴漢で新宿駅ホームに飛び降り…男を待つ“逃げた代償”

公開日:

 9日の午前10時ごろ、JR新宿駅で女性(29)の下半身を盗撮していた男が埼京線のホームから飛び降りた。複数の線路を横切って逃走をはかったが、30分後、新宿駅近くで逮捕された。男はアルバイト従業員の野崎芳正容疑者(45)。痴漢の前科をほのめかしている。

 この事件では巨大ターミナル駅の線路を逃げ回った物珍しさもあり、逃走中の映像や防犯カメラの映像などで野崎容疑者の顔がばっちりテレビに流れた。気になるのは野崎容疑者の今後だ。世間にインパクトのある顔と名前をさらしたからには、今後の人生はイバラの道だろう。サラリーマンも他人事ではない。どんな試練が待ち構えているのか。

「まず再就職で苦労します」とは弁護士の篠原一廣氏だ。

「昔と違って今は履歴書に犯罪歴を書いたり、戸籍謄本を提出する必要はありません。ですが企業の採用担当者はネットで名前を検索するので、過去記事で前科や前歴を知られてしまいます。フルネームの下の名前を変えて“通称”で応募し、企業側がうっかり採用することもありますが、その企業の業務と関連性のある前科が判明したら解雇できる決まりです。アパートなどの賃貸借契約も戸籍謄本は不要ながら、ネット検索で前科がバレることがある。婚姻届は戸籍上の名前でないと受け付けてもらえないので、提出の際に配偶者に気づかれる可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る