9.11米同時多発テロ事件<前編>2機目が夫が勤務するビルに

公開日:  更新日:

 2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが発生した。当時34歳だった杉山陽一さんを含め、日本人24人も犠牲になった。妻・晴美さんは、幼子を2人抱え、3人目を妊娠中だった。遺族となり、現在はメンタルケア協会の精神対話士として活動を続けている。

「テロっていうのは、私たちのような本当に平凡な一市民が巻き込まれるものです。気を付けようがないかもしれないけれど、少なくとも他人事ではないことを知っておいてほしいですね」

 事件当時3歳だった長男も20歳になった。晴美さんは今、日本人に伝えたいことがあるという。

「私も長男もテロとの戦いには『報復しても意味がない』と思っています。いまだにテロが世界中で続いていますから、報復で解決は望めないのです。(9・11同時多発テロの首謀者とされる)ビンラディンだって、本当は引きずり出して、背景に何が起こっていたのか、なぜそういうことをしたのか、きちんと話してほしかった。でも、本人の姿も見ない間に“殺害した”とニュースだけが流れてしまった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る