積水ハウス63億円被害事件 「地面師」の巧妙手口と正体

公開日: 更新日:

 都内一等地の土地取引をめぐり、積水ハウスが「地面師グループ」に約63億円をだまし取られた事件。警視庁は逮捕状を取った12人のうち、所有者の女性(当時72)に成り済ました職業不詳の羽毛田正美(63)、会社役員の生田剛(46)両容疑者ら9人を電磁的公正証書原本不実記録未遂と偽造有印私文書行使などの容疑で逮捕。主犯格でフィリピンに逃亡中のカミンスカス操容疑者(58)らの行方を追っている。

 昨年3月30日、同社は東京都品川区西五反田の約2000平方メートルの土地売却情報を得た。話を持ち掛けたのは生田だった。

「JR五反田駅から徒歩5分の整形地で抵当もついておらず、100億円の価値が見込める貴重な土地です。しかし所有者が売買を拒否し続け、不動産業者の間では『売りに出ない土地』といわれていた」(不動産業者)

 4月20日、仲介役の生田は積水側に「成り済まし女」とカミンスカスを会わせ、偽造パスポートや印鑑証明書を示し、本人であることを信用させた。4日後の24日、積水は生田の会社を介して土地を買い受ける契約を結び、手付金約14億円を支払った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る