米連続パイプ爆弾事件 逮捕の男は“狂信的トランプ支持者”

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領と対立してきた野党民主党の有力者などにパイプ爆弾とみられる不審物が相次いで送られた事件。米連邦捜査局(FBI)は26日、シーザー・セヨク容疑者(56)を違法な爆発物の郵送や脅迫など5件の容疑で逮捕・訴追したと発表した。

 FBIは米各地でこれまでに「簡易爆弾」13個を確認。不審物に付着した指紋から容疑者を特定し、フロリダ州プランテーションの駐車場でセヨクを拘束した。同州アベンチュラ在住で、過去に逮捕歴がある。

 押収されたセヨクの車には多数のトランプらの顔写真が貼られていた。共和党に有権者登録しており、トランプの集会にも、頻繁に参加していたという。

 自身の支持者が逮捕され、トランプは来月6日に実施される中間選挙への影響を最小限に抑えようと必死だ。26日、逮捕を受け、ホワイトハウスで会見。自分の支持者だと認めたうえで、「卑劣だ」と事件を非難。「政治的暴力が米国に根付くことを容認してはならない」と強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る