ANAに続きJAL 飲酒副操縦士はなぜ最初の検査スルーできた

公開日:

 車だったら一発で“免許取り消し”だ。日本航空(JAL)の副操縦士(42)が飲酒による法令違反で、英国の警察当局に逮捕された事件。

 あらましはこうだ。副操縦士は現地時間の10月28日19時発のJAL44便に乗務するため、滞在先のホテルを出て、17時にロンドン・ヒースロー空港に到着した。

 副操縦士は空港内のオフィスで、統括機長、機長と運航計画を確認しながら、アルコール感知器に息を吹きかけ、呼気アルコール濃度が基準値以下であるかを検査。

「ここではアルコール反応は出なかったといいますが、第三者による検査ではなく、あくまでJAL独自の“セルフチェック”ですからね。本当にやったのかどうかも不明です」(関係者)

 そして18時15分ごろ、航空機へ移動する専用バスの運転手が、副操縦士の強烈な酒のニオイに気付き、空港の保安担当者に通報。駆けつけた警察官が改めて検査を行ったところ、副操縦士の呼気からは、JALが独自で定めている「呼気1リットルあたり0.1ミリグラム未満」の10倍近い「0.93ミリグラム」のアルコールが検出されたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る