佐賀県警ビックリ…飲酒運転で摘発の男が飲酒運転で“出頭”

公開日:

「飲酒運転」で摘発された61歳の男が「飲酒運転」で出頭してきたのだから、担当した警察官もビックリだろう。

 7日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで佐賀県警に逮捕されたのは、同県杵島郡の施工業、関安夫容疑者(61)。同日朝、自宅で酒を飲んだにもかかわらず、軽トラックを運転して県警白石署に出頭し、その場で御用となった。

 前日の午後1時半ごろ、警察に「国道444号に不審な車が止まっていて、その横に人がいる」という通報があった。白石署の捜査員が現場に駆け付けると、酒のニオイをプンプンさせた関が車の横に立っていた。

「関は『この車は私のです』と言いながら、運転せずに車の外に突っ立っていた。事情を聴くと『飲酒運転してここまで来ました』と言うので、署に任意同行し、呼気1リットル当たり0・4ミリグラムのアルコールが検出されたため、赤切符を切った。自宅でワンカップを2本飲んだそうです。改めて現場までの走行確認や補充の聴取が必要だったので午後5時ごろにいったん帰し、翌日午後3時に再び署に来てもらうことになった」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る