世界遺産で強制わいせつ…東大寺トップ補佐の経歴と煩悩

公開日:

「奈良の大仏」として親しまれる世界遺産の華厳宗大本山「東大寺」(奈良市)のトップ補佐が20代女性に繰り返し、わいせつ行為をしていた。

 女性の体を触ったとして、9日、奈良県警に強制わいせつの疑いで書類送検されたのは、東大寺の僧侶、平岡昇修上院院主(69)。平岡上院院主は今年7月、東大寺境内の施設内で、数回にわたって寺で働いていた20代のアルバイトの女子大生の胸を無理やり触ったとされる。女性が奈良署に被害届を出していた。

「上院院主」とは、お水取りの舞台として知られる「二月堂」や東大寺最古の建物「法華堂」(三月堂)がある上院地区の責任者。東大寺トップの別当(住職)を補佐する立場で、歴代の別当が就任前に就いた要職。平岡上院院主は2016年まで、寺務では別当に次ぐ執事長だった。現在は東大寺福祉療育病院を経営する社会福祉法人「東大寺福祉事業団」の理事長と東大寺塔頭・上ノ坊の住職。今年の東大寺二月堂の修二会(お水取り)では、最上位の「和上」(授戒者)を務めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る