世界遺産で強制わいせつ…東大寺トップ補佐の経歴と煩悩

公開日: 更新日:

「奈良の大仏」として親しまれる世界遺産の華厳宗大本山「東大寺」(奈良市)のトップ補佐が20代女性に繰り返し、わいせつ行為をしていた。

 女性の体を触ったとして、9日、奈良県警に強制わいせつの疑いで書類送検されたのは、東大寺の僧侶、平岡昇修上院院主(69)。平岡上院院主は今年7月、東大寺境内の施設内で、数回にわたって寺で働いていた20代のアルバイトの女子大生の胸を無理やり触ったとされる。女性が奈良署に被害届を出していた。

「上院院主」とは、お水取りの舞台として知られる「二月堂」や東大寺最古の建物「法華堂」(三月堂)がある上院地区の責任者。東大寺トップの別当(住職)を補佐する立場で、歴代の別当が就任前に就いた要職。平岡上院院主は2016年まで、寺務では別当に次ぐ執事長だった。現在は東大寺福祉療育病院を経営する社会福祉法人「東大寺福祉事業団」の理事長と東大寺塔頭・上ノ坊の住職。今年の東大寺二月堂の修二会(お水取り)では、最上位の「和上」(授戒者)を務めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る