連続性的暴行&昏睡強盗「ミスター慶応」の悪辣手口と余罪

公開日:

「ミスター慶応」は連続性的暴行魔で、昏睡強盗犯だった。押収したスマホに動かぬ「証拠」が残っていた。

 今年9月、面識のない19歳の女性をレイプした上、路上で腹を蹴るなどの暴行を加え、10月16日、準強制性交の疑いで逮捕された「ミスター慶応」こと慶応大2年の渡辺陽太容疑者(22=東京都港区元麻布)。5月にも別の女性を酒に酔わせてわいせつな行為をし、財布を盗んだとして、準強制わいせつと昏睡強盗の疑いで、19日までに神奈川県警に再逮捕され、同大2年の光山和希容疑者(22=栃木県小山市)、当時19歳だった同大1年の男(20=東京都目黒区)も逮捕された。

 5月10日未明、3人は渋谷で人材派遣業の女性(21)をナンパ。カラオケ店へ連れて行き、早朝4時半から6時45分ごろまで大量に酒を飲ませ、酔い潰れた女性の下半身を3人で触るなどもてあそび、動画で撮影。バッグから現金8000円が入った財布を盗んだ疑い。渡辺容疑者は容疑を否認、他の2人も一部否認している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る