ポルシェで無免許暴走…トラック運転手死なせた医師の素性

公開日:

 人の命を救う仕事に就いている「自覚」があるとは思えない。

 無免許でポルシェを運転した上、猛スピードでトラックに追突し、運転手を死亡させた医師が捕まった。自動車運転処罰法違反(無免許過失致死)の疑いで26日、兵庫県警高速隊に逮捕されたのは同県芦屋市の医師、久保田秀哉容疑者(50)。

 久保田容疑者は25日午後0時半ごろ、尼崎市の阪神高速上り線をポルシェで走行中、前を走る中型トラックに左後方から激突。その弾みでトラックは横転し、運転していた明石市の運送会社社員、手槌一郎さん(70)が頭を強く打ち死亡。久保田容疑者も肺挫傷のケガを負い入院したが、県警は回復を待って本人から事情を聴いた。

「逮捕する前に話をしたら、昨年の3月に交通違反を繰り返して免許取り消し処分を受けたいうことが分かったんや。現場は片側3車線のほぼ直線の道路で、事故当時は渋滞もしてへんかった。ポルシェがトラックを猛スピードで追い抜こうとして運転操作を誤り、えらい勢いでぶつかった。トラックはバランスを崩して横転し、ガードレールに突っ込み、運転席が反対向いとったわ。バンパーは飛ばされ、周囲には車の部品と積み荷が散乱。運転手は車内に閉じ込められ、約1時間後に運び出されたんやが、すでに亡くなっとった。ポルシェはトラックの先で黒煙を上げて炎上し、フロント部分が焼失した。久保田容疑者は自力で逃げ出して病院に運び込まれた」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る