大阪女児殺害 逮捕された29歳“義父”には性的虐待の疑いも

公開日: 更新日:

 事件発生時もA子さんはパチンコ店にいて、今西容疑者は犯行後、「(希愛ちゃんの)様子がおかしいんや。早く帰ってきてくれ」とA子さんに電話し、自ら119番通報した。

 急いで帰宅したA子さんはひどく取り乱した様子だったが、今西容疑者は何食わぬ顔をしていたという。“サイコ野郎”と言う他ないが、希愛ちゃんは心肺停止の状態で病院に運ばれ、すでに頭蓋内で出血していたため、府警は今西容疑者が関与したと判断し、捜査を進めていた。

 今西容疑者はその後の警察の調べに対し、「泣き出した希愛をあやそうとして、布団で抱きついて転がったんや。希愛は笑ってたんやけど、『うっ』というのが聞こえて、呼びかけても反応しなくなったんや」と説明していた。

「A子さんが前夫と離婚したのは3年前です。その後、今西容疑者と一緒になった。自営の電気工といっても店は構えておらず、手広くやっていたわけでもない。A子さんは、まさか夫が希愛ちゃんを虐待しているとは疑ってもいなかった。実はA子さんと今西容疑者との間には、生後4カ月になる女の赤ちゃんがいます。事件当時、A子さんはすでに妊娠していた。希愛ちゃんが亡くなったのはもちろんショックだろうが、今の生活のことを考えると、複雑な心境でしょう」(前出の捜査事情通)

 今西容疑者は今年1月、マスコミの取材に、「(虐待は)してへんわ。するわけないやろ。しとったらここにおらんわ。一緒に死んでるわ。しゃべるだけでもほんまに涙出んねん。悲しいねん、オレは」と話していたが、この期に及んでも「何もやっていない」と容疑を否認しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る