渋谷ハロウィーン軽トラ横転…暴徒4人の素性と執念の捜査

公開日:

 捜査員の間では「クレージーハロウィーン事件」と呼ばれていた。ハロウィーン前の週末の10月28日、東京・渋谷区のセンター街で軽トラックが横転させられた事件で、車の上に乗って踊るなど乱痴気騒ぎしていた暴徒たちが逮捕された。

 暴力行為等処罰法違反(集団的器物損壊)の疑いで5日、警視庁捜査1課に逮捕されたのは会社員の糀原翔大(20=世田谷区)、美容師の国分陸央(20=目黒区)、土建業の川村崇彰(22=山梨県富士吉田市)、とび職の黒木裕太(27=川崎市)ら4容疑者。

 28日午前1時ごろ、男性が運転する軽トラックが路上で群集に取り囲まれ、立ち往生。すぐに数人の男が荷台に乗り込んでジャンプし始め、屋根に上がる者もいた。その後、上半身裸の川村容疑者が荷台から見物人をあおり、車から降りると、今度は車を囲んでいた十数人の男が車体を持ち上げて横転させた。すると上半身裸の糀原容疑者が軽トラの運転席のドアによじ登り、ボディービルダー気取りでポージング。他の連中も荷台の扉に乗って踊ったり、車体をボッコボコに蹴って走行不能にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る