渋谷ハロウィーン軽トラ横転…暴徒4人の素性と執念の捜査

公開日:

 捜査1課は現場周辺にある約250台の防犯カメラの映像を分析し、フランス人やベルギー人を含む男15人が関与したとみて、10人の身元を特定。特に悪質だった4人を逮捕し、17~37歳の残り11人を書類送検する方針だ。

「捜査員43人態勢で足取りを追跡。最寄り駅を調べ、聞き込みをし、約4万人の中から15人を割り出した。事件発生から1カ月ちょっとで逮捕に至ったのも、検挙をもって抑止とするため。『調子に乗るなよ』という意味も込められている。来年また暴動が起きたら、批判が出るのは間違いない。何をやっているんだということになる。ラグビーワールドカップや東京五輪なども控えていますから」(捜査事情通)

 渋谷のハロウィーンには27日夜から11月1日未明の間、延べ31万3000人が詰めかけ、女性が胸や尻、陰部を触られるなど、被害が続出し、計19人が逮捕された。「逮捕」ぐらいでこの手のヤカラがいなくなるとは思えないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る